2009年11月19日 (木)

この厚さにチャレンジ

私の大好きな作家さんの旦那さんだそうですか、初めての作家さんに、チャレンジです。本も、この厚さです。

P10100010003 P1010002 昨日から読み始めたばかりですが、初めての作家さんですが読みやすいです。

「綾辻 行人・あやつじゆきと」「アナザー」

お友達のブログで面白そうって思って、手に入れた本、「法月倫太郎」「生首に聞いてみろ」此方は、ちょっと後回しです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

ピッタリの本見つけた

 今の私の針仕事にピッタリの本見つけました。

P1010001 私の大好きな、黒羽先生の本

ピーシングをミシンで、キルトは手でと言う提案の本

 今の私にピッタリ、しっかり読んで針仕事頑張ります。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

初体験

 又読書の話題ですが、こんな体験は、初めてだったのでどうしても、アップしたくなりました。

「半島へふたたび」を翻訳された、蓮池薫さんが翻訳された詩集なのです、韓国の方が書かれ詩集です。

 こんな本に出会ったのは、産まれて初めてです、本は、好きで沢山読んできたつもりですが、こんな本が有ったなんて

P1010004 著者は「クォン・デウォン」さん  絵は「Barunson」さん

題名は、「ハル哲学する犬」

 なんだろうと気軽に手に取り手に入れました。そしてページをめくり始めたのですが、何故だか涙が止まらなくなりました

 悲しくなんか有りません、悲しい文章でも有りません、何故だろうそう思いながら読み進んでいきました。

 私は、初めから終わりまで涙が止まりませんでした、そして最後まで読み終わり、表紙の帯を見直しました。

 そこには、「こころほどける物語」とありました、

 皆さんには、こんな経験有りますか、私は、この歳まで生きてきて、この本に出会えた事がとっても嬉しいです、此れからも、何度も何度も読むでしょう

P1010006 私が好きなページです、

皆さんも、何処かの本屋参加、図書館の本棚で見つけたら是非手にとってページをめくってみてください。

 そして、感想を聞かせて下さい、私は、この本を大切な大切なお友達にプレゼントしょうと思っています。

 そうです、お友達の所で素敵な本にまつわる格言を知りました

「書物と言うものは、ポケットに入れて、持ち歩ける庭のようなものである」アラビアの格言だそうです   納得です

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

こんな本見つけました

 土曜日は、朝から、雪です、あっという間に雪景色、こんな雪何年ぶりでしょうか

P10100030001 P1010004 寒い、寒い日は、オコタに入って、この間見つけた本を開いて楽しんで、チクチク三昧しましょう

P10100010001 P10100020001 一冊は、黒羽先生の本・そしてもう一冊は、切り絵の本・アップリケのデザインの参考にならないかなーって買いました。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

手に入れました

  欲しくて、探していた絵本手に入れました。

 「ルリュールおじさん」  いせひでこ作

P10100010003 手仕事好きの私には、たまらない絵本です

この絵本の情報は、確か、テレビだったと思います。

 如何しても欲しくて、行きつけの本屋さんで、探してもらいました。

 御話はと言うと、小さな女の子の大切な本が、ばらばらになった事からお話が始まります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

此れにしました

P10100010003_1 お友達から、好きな本に使ってと、図書カードを頂いてこの本にしました。

「パッチワーク教室」でも、「ハワイアン・キルト」季節ですものね。

この中にも、素敵な作品見つけました。

創作意欲も沸いてきています、頑張ります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

読書

 毎日の暮らしの中で、読みたいと思って、手に入れた本の山

 若い頃は、読みたい本は、寝る事も、忘れて読んでいましたが、

 今は、そんなことは、到底出来ません。年齢のせいでしょうか

P10100020001_1  今は、司馬遼太郎さんの「街道を行く」のシリーズの中の「2」を読んでます。

読みたい本、いっぱい有るのに

早々、月曜日に蒔いた、バジルとルッコラの種のルッコラの芽が出来ました。バジルは、まだです。

P10100010001_1 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

こんな本見つけた

P2120001 P2120002こんな可愛い本、見つけました。去年、布ぞうりにチャレンジしていましたが、なかなか思うようにはならず、出来上がった布ぞうりは、母に大笑いされてしまい、ショックを受けて途中で投げ出していたのですが、こんな交わすいい本を見つけたので、又頑張ってみようかなーって思い始めています。

P2120003 P2120004 ページをめくって見ると、いろんな形のものが出来るのだなーなんて思いながら眺めています。

少し、暖かくなったら始めてみようかなー

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

手の大きなお嫁さん

P1220001_1 http://www.artone.co.jp/

読み終わりました。とっても楽しくて素敵な、エッセイでした。

著者のお家にお邪魔して、お話を聞いているような素敵な本です。

夜遅くに読んでいて、大笑いして、叱られました。

ほんの中に、とっても素敵な素敵な言葉を見つけました。

「行く言葉が、美しければ、来る言葉も、美しい」

何と素敵な言葉と思い、うっとりです。

とにかく読んでみて、この本の楽しさは、何とお伝えしていいか判りません。久しぶりに、こんな本に出会いました。

この著者が書いた本を捜して、読みたいナーなんて思っています。私のお勧めの一冊になりました、韓国好きの方には是非

上のアドレスは、この本の出版社です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

待っていた本

P1090002 「手の大きなお嫁さん」

私は、かなり前から、ハングルを何とか自分の物にしたいと思い、あれやこれやと遣っています。

そんな中で見つけたこの本、読み始めたばかりですが、面白い

著者は、韓国の大家族にお嫁入りして、毎日の暮らしの中で感じた事や、日本語とハングルの違いや似たところなどを楽しく書いた、エッセーですか、本当に、楽しみながらハングルが覚えられそうです。

http://www.artone.co.jp/

私が気にいって読んでる、スッカラと同じ出版社です。

読み始めたばかりなのでいずれ又お話しますね

| | コメント (11) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧